まつだ あかちゃんこどもクリニック|小児科、新生児内科、アレルギー科|秋田県由利本荘市|

まつだ あかちゃんこどもクリニックトップページ 子育てママへ 皮膚疾患/アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法

子育てママへ

皮膚疾患/アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法

アトピー性皮膚炎の標準的な治療の概念図最近アトピー性皮膚炎の治療法にプロアクティブ療法が注目されています。
従来のアトピー性皮膚炎の治療では、皮疹の増悪時にステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を塗布するリアクティブ(Reactive)療法が一般的に行われていますが、すぐに再燃してしまうケースも少なくありませんでした。

プロアクティブ(Proactive)療法とは皮疹の増悪時のみでなく、皮疹が消失した後も間欠的にステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を塗布することで皮疹の再燃を未然に抑制し、最終的には保湿剤によるスキンケアのみで寛解状態を維持する治療法です。具体的には、増悪時はまずステロイド外用薬を連日塗布し炎症を抑えます。皮膚所見が安定した後はステロイド隔日(あるいはタクロリムス軟膏連日→隔日)+保湿剤に変更します。その後皮膚所見が安定した後も、週に数回のステロイド(あるいはタクロリムス)塗布を継続します。つまり皮膚状態が悪化しないように定期的な治療を継続する治療法です(図のアプローチ2:http://www.kyudai-derm.org/atopy_care/improvement_top.html)。プロアクティブ療法の方が皮膚の状態は安定し、使用する薬剤の総量も少なく、しかもアレルギーの免疫グロブリン(IgE)の値が低下すると報告されています。

インターネット予約 ネット、携帯、電話、窓口での時間予約が可能です。

■インターネット予約

https://iyoyaku.jp/0009

■携帯電話予約

ネット予約

予約方法

ページのトップへ戻る